七塚の毎日。

旦那様とぶらぶらしたり、懸賞生活したり、お弁当作ったり。何気ないけどかけがえない、そんな毎日を丁寧に暮らしています。

縁切り神社に行ってきた。

この週末は久しぶりに京都にぶらっと行ってきました。

京都はなんだか定期的に行きたくなります。

雪がちらちら降る中、腹ごしらえに『いづ重』さんのお稲荷さんを買って、旦那様と半分こして食べました。

f:id:nanatuka1000:20180219111634j:image
f:id:nanatuka1000:20180219111642j:image
全然酢がキツくない甘めのご飯とジューシーなおあげの素朴なお稲荷。

麻の実が少し混ぜ込まれているので、時々「プチッ」とした噛み応えとともにおこげやゴマのような香ばしさが楽しめます。

いづ重さんは鯖姿寿司で有名な『いづう』さんの暖簾分けされたお店ですが、鯖姿寿司以外にも色々なお寿司があるのでオススメですよ✌

鯖姿寿司は5000円くらいしますが、例えばこのお稲荷は800円くらい。

お店の中に入ると500円くらいの巻き寿司の切り落としなどもあるので試しやすいかと思います。

 

あと、今回は縁切り&縁結びで有名な『安井金比羅宮』に初めてお参りして来ました。

f:id:nanatuka1000:20180219111735j:image

こういうお札が貼られた大きな石があるのですが、この真ん中に空いた穴を往復でくぐって、悪縁を切り良縁を結ぶという祈願です。

くぐり待ちの長蛇の列が出来ていました。

おそらく縁結び目的で楽しそうに写真を撮りながら穴をくぐる女の子達もいれば、悲壮な表情で祈りながら穴をくぐる男性も…

皆さんの願いが叶うといいですね。

 

私の願いはシンプルで、旦那様と二人だけでただ静かに暮らすということだけです。

たったひとつのこの願いを叶えることが、何故か何よりも難しい。

きっと誰でもそうなのでしょうが、ひとつでも邪魔が入っていると事が上手く運ばないということがあるものです。

私に生きることの楽しさを教えてくれたのは旦那様ただ一人で、彼は私の命の恩人といっても過言ではありません。

この人と共に生きるためならば、この人と過ごす一日を守るためならば、たったひとつの障害を取り除くために私は神頼みでも願掛けでも命懸けでも何でもするつもりです。

 

それでは今日も虎視眈々と参りましょう。